支部(ピクシブ)

リンク

  • 道楽談義
    水族・連絡用ブログ 未有の別名義で、紅茶と旅行記をやってます。
  • railwaywaltz
    友人の葉鳥さんの鉄道擬人化萌えブログ。
  • 月灯茶会
    友人、羽鳥さんのサイト。

↓こちらからも送信できます

鉄道擬人化・ご本家様

検索サーチ様


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

バチ官資料

個人的趣味の書棚

おうちにある鉄道本リスト

2018年1月 1日 (月)

おことわり

こちらは管理人・未有(みう)がひっそりと地下活動をするための小部屋です。
時々腐ってます。

主成分は鉄道と旅行とバチ官。

主に鉄道のちょっとした小ネタと旅行の記録と、
あと鉄道擬人化の二次創作を一緒にやっているカオスなブログとなっています。

ここ最近はバチ官たわごとも・・・。

●鉄道擬人化については、「紙端国体劇場(青春鉄道)」様の鉄道擬人化作品についての二次創作を取り扱っております。
御本家様の鉄道擬人化のキャラクター及び設定をお借りして遊ばせて戴いております形です。
やおい、BL、同人的表現や、女性向の描写が普通に出てきますので、ご理解いただけない方や苦手な方、若しくはこれの言葉の意味が分からないという方は、「二次創作(小話)」のカテゴリーをうっかりクリックされないようにご注意ください。

●バチ官とは・・・藤/木/稟/先生の「バ/チ/カ/ン/奇/跡/調/査/官」シリーズです。
今のところ、個人的妄想をダダ漏れさせるたわごと的言動記録が主。
二次創作は時間が取れたらいずれ。(とりあえずもうしばらくは身動きが取れぬ・・・ので)。
主成分は、ロベ平。 
これの意味の分らない方、または敬虔なカ/ト/リ/ッ/ク信者の方は、速効バックでお帰りいただくことを切におすすめいたします。

バチ官の二次創作は、現在、pixivにて公開しています。左サイドバーの支部(ピクシブ)、
もしくは、こちら からどうぞ。


初めてお越し頂いた方は、サイドバーのウェブページはじめにお読みくださいからご覧いただいた方がよろしいかと思います。
二次創作についての更に詳しい傾向などは二次創作の傾向と概要をどうぞ。

2017年9月26日 (火)

バチ官本の通販について

バチ官本の通販ですが、とらのあなさんにお預かりいただけることになりました。
まだちょっと準備段階ですので、正式に決まりましたらまたリンクはります。

ちょっと9月いっぱいは仕事が半期末決算で怒濤のように忙しいので、29日以降に一気に色々事務処理片付けることになると思います。

しかし・・・鉄擬の時にあれほど避けまくっていた書店委託を今更依頼することになろうは・・・という感じです。

でも自分がバチ官にハマったときに真っ先にとらさんの通販ページを検索したので、やっぱり本を求めている人には便利なんだよねって思ったのもあります。

しかしいきなり印刷所から書店へ納品は怖いので、一旦自宅配送してものを送ろうとしてるのですが、まだ本の現物が届いていない状態なのでちょっと色々怖くてですね。
小説本の体裁のデータ作ったの久しぶりだったのだから、印刷具合がね、現物見てみないと何とも言えぬという・・・。

2017年9月18日 (月)

10/8 スパークのご案内

10/8のCOMIC CITY SPARK 12に出ますのでご案内です。

東2ホール ヒ-06a
【Mission Underground】

新刊2冊です。

「初めての明日の空のあをいろの」
A5、52P、オフセット、500円 表紙フルカラー
《ロベルト×平賀》 (R-18

「たとえばこんな前奏曲」
A5、28P、オフセット、300円 表紙フルカラー
《ロベルト×平賀》健全ほのぼの

新刊・・・も何も、バチ官初参加なので、新刊しかありません!
だけど2冊あるよ。(私頑張った!)

本の詳細はこちらの【OFF活動(バチ官)】のページにてご紹介してます。

当日、どうぞよろしくお願いします。

2017年9月15日 (金)

スパーク出ます

長らく更新しませんで申し分けありませんでした。
絶賛原稿中でございました。

バチ官でスパーク出ます!ので本が一冊も出ないとなるとずらからねばならぬ・・・と必死で原稿やってました。

久々の小説原稿でデータの作り方ですごく戸惑った。

詳細はまた後で載せますが、とりあえず表紙だけ公開しておきます。

一冊目、R-18指定です。

Asitanosorahyousi


2冊目。年齢制限無し。ほのぼの健全!

A5hyousi_tatoebadathikann2

2017年8月31日 (木)

アクキー集めたよ

我ながら・・・ちょっと自制がなくなっている買い物の仕方をしている自覚はあるのですが、せっかくここまで集めたので、記念写真を撮ってみた。

Img_5855_3


平賀さんとロベルトだけ集合させてみた。
ひな壇みたいだな・・・。

Img_5863_2

一応、言い訳させてもらうと、このうち半分はお嫁にいきます。
私の分は1セットのみだよー。

2017年8月15日 (火)

1本きりついた

とりあえず、スパーク合わせのバチ官本、1本きりがつきました。
細かい直しはまだこれからだけど、とりあえずエンドマークつけられるところまで行った。

35000字行きました・・・こんな長い話書いたの久々だよ。
でもよく見返したら、FY本で一番長いのでも30000字越してるやつはなくて、
もしかして今までで一番長い??

えろページだけでも10ページとか、これも多分今までで一番長い。
思わず過去の話調べたけど、一番長いえろぺーじ、多分ZHで8ページ・・・。

ちなみに、今回の話の、イメージ曲、
新/居/昭/乃/さん「叶えて」「さかさまの虹」「花のかたち」「キミヘムカウヒカリ」「密の夜明け」
梶/浦/由/記/さん「LOVE」
み/と/せ/の/り/こ/さん「蝉時雨」

なんか・・・ほぼ鉄擬で使った曲ばかりだ。
結局書きたいことってほぼ変わってないのね、私。

で、1本というのは、実はもう1冊出そうと思ってるから・・・。
といっても支部に載せた再録に+書き下ろしの短編を1本つけて出そうかな・・・と。
こっちは健全本。

いや初参加でR付き本1冊だけってなんかこう・・・どうよって思ってね。

だがしかし、私昔、2冊同時発行は二度とやらないって誓ったよね。
しかも2回くらい誓ったよね。

のど元過ぎれば熱さを忘れるとはこのことだ。

2017年8月13日 (日)

夏がおわった

夏コミ終了しました。

今回、旅行ジャンルで出ていたので、2日目だったのですが、
すごく涼しくて過ごしやすかった。

旅行ジャンルほぼはじめてで、本を新刊以外はちょっと抑え気味に持って行ったんだけど、割と早い時間に完売してしまった本もあって、もうちょっと持って行けば良かったなあ・・・と後悔しきり。
だって評論で売っててもあまり冊数出ない上に、出てから1年経ってる本だからこれ位でいいかなと思ったんだよ。
コミティアで売ってるときのデータも当てにならないって創作系はやっぱりコミケ出てなんぼなんだよね・・・。

さて、冬コミお休み確定です。よって冬コミの申込書買わなかったし、申込みをしなくていいと思うと、なんか夏コミ後も大分気楽なんですね。いつもは冬コミの申込みを終えるまでが夏コミ!なので・・・。

冬は聖地巡礼旅行でバチカン行ってます!
落選ではなく意図的に申込みをしないというのは長年同人やってて初めてかもしれないです。恐るべしバチ官。

でも今行っとかないときっと行けないから。
でも行ったら行ったでまた旅行記出すんだろうなあ・・・。

あとすごく欲しかった某大手サークル様の無配のバチ官本は女神様のお陰で無事入手できました。ありがとうごさいます。足向けて寝られません。

2017年7月29日 (土)

結果はまだ

無事、お山に行ってきました。
これでひとまず終わりに出来ると思う。

最終的にどうなるかはもう少し結果待ちになるよね。
とりあえず。うん。

どうなっても受け止めよう。

2017年7月26日 (水)

切りきれてない

とはいえ、やはり切りきれていない気がする。
やはり一度お山に行ってこないとダメかな。

そもそも今年正月に行きそびれてそのままだったんだよね。
1年以上行かないのはやっぱり良くないな。

2017年6月 8日 (木)

理解は出来ないが許容する【ちょっと重いです】

英国で続けてテロが起こって、フランスでもまた何かしら・・・。
またぞろ欧州がきな臭くなってきたみたいで心配。
英国は多分欧州の中では一番、監視態勢が強固だったはずだけど最近はどうなのか。情報収集力も優れている(それが良いか悪いかは別問題として)はずなので、その英国でってことはちょーとまずい傾向なんじゃないかなあと思っている。

欧州で監視と警戒が一番強いのは、英国、ドイツ、オランダの順だと聞いたことがある。
それでもまだ銃乱射って事態にならないのは、英国が島国だという強みだよね。銃規制はしっかりあるし、こっそり持ち込もうとしても島国だからそこそこチェックできる。

ただ、これからどうなるかはまだ分からない。

それで考えていたことがある。

ついったにしろ、他のSNSにしろ、知り合い同士をつなぐという特質は理解出来る。
自分と趣味の傾向が同じ人とつながるのは嬉しいし、共感出来る人と会話するのは楽しい。
だけど、意見の合わない人とは会話もしないし、その繋がりまで絶ってしまう・・・というのはどうなのか。

梨木香歩さんの「春になったら苺を摘みに」に書かれていた、英国で下宿していたホストマザーの言葉
「理解は出来ないが許容する」という言葉を思い出した。

反対意見や、自分と違う主張、あまり聞きたくない言葉。
それを「聞かない」ことにするということは簡単だ。
遮断する。排除する。今の世の中、簡単に出来る。
だけど、遮断して自分は「見ない」「聞かない」ことにしても、その「反対意見」そのものが世の中から消えて無くなるわけじゃない。

「許容する」ことが出来ない人が増えていったら、世界はどうなるか・・・。
そもそもSNSを作り出したのは誰だったのか・・・。ふと考える。
今の欧州と中東情勢の未来を考えるととてもつらい。

話が全然レベル違う気がするんだけど、
平賀さんは、多分どんな反対意見も聞く。その意見を取り入れるかどうかはとともかく、聞くだけは聞く。聞かないで排除することはしない。
そして自分と意見が違うからといっておそらくそれだけで遮断はしない。

平賀さんの強さというのは本当のところそこだと思う。
許容することが出来る強さ。

私が平賀さんを好きなのは彼のそういう強さだと思う。

久しぶりに更新したのに、今回とても重いです。すいません。
でも書いておきたかった。
お読みくださった方、ありがとうございました。

2017年6月 4日 (日)

カップリングのツボ

ついったの方で、カップリングのツボについてお話していて気づいたんだけど、
私が好きになるパターンのツボって、
精神的には受の方が大人で、そして攻の方が精神的には受に依存しているというパターンなんだよね。
まさに、FYでありMGでありZH・・・。
そして世間の王道だった千代田×常磐ではなく、
常磐×千代田だった訳なんだ。
ずっと、何故じょーちよだけ世間と逆になる?って思ってたんだけど、そういうことだったんだなってすごく納得した。

MGは具体時にえろまで書かなかったけど、多分、微妙に丸ノ内も大人だからだと思う。むしろ銀座様の方が精神的には丸ノ内に甘えてるよね・・・。だからえろまでは書けなかったのかな。

そして私がうつたか好きなのに、健全路線な1本だけで後一切書けなかった訳も分かった。
宇都宮は結構精神的に高崎に依存してる。そこまではいい。しかししかし・・・、高崎が精神的に子供すぎたんだな。

そういうことだったんだ。すごく・・・納得した。

そして精神的には受の方が大人で、そして攻の方が精神的には受に依存しているというパターンという意味では、ロベ平はまさしてツボ中のツボ。

2017年5月25日 (木)

りつめいかんの件

昼間に、例の立命館の件知ったんだけど(支部のR18小説無断引用の件ね)
昼休みの合間だったし今日仕事立て込んでたんで、どうすることも出来ず、でも悶々としたまま仕事戻ってたんだけど、
終わってからまたついった戻ってみたら、どうやら支部が対応に動いているらしく、まあしばらくは様子見なのかな・・・と。

まあ私はR18ものは、支部に限らず、ここにも上げてはいないわけだけど、
そもそもネットにアップして大丈夫なんかな・・・っていうのはあった。
だからR18やるときはオフのみだったんだけどね。

支部の存在知ったとき、みんな堂々と上げてるの見て、「大丈夫なんかな・・・」て思ったのも事実。

規約とか、見ると、支部内では保護されるみたいだしまあいいのかな-位に思ってたけど、やっぱりウェブ上はウェブ上な訳だから、何があるかは分からないわな・・・って思いますね。

ちなみに今回の件は、規約違反とか、引用の承諾とか多々問題があるのはもちろんですが、ターゲットにされたのがBLの、特に二次だって所がもう・・・。

私らの世代からすると、コミケに行くってだけで胡散臭い目で見られていた訳なんだけど、同人誌が多少市民権を認めて貰えるようになったように見えても、やっぱり世間の目っていうのは●十年前からあんまり変わっていないんだな・・・ってこと。
私なんかはもう世間様からは必死に隠れる術がもう身に染みついてしまっている訳だけど。

ちなみに、この案件、Pマーク的にも大分アウトじゃね?って思った。職業柄・・・。

2017年5月19日 (金)

落ち着けってことかな

ついったが落ちたっぽいので、久々にこっちに書き込んでみようかと…。(その認識もどうか…)

今日、バチ官アニメの情報が更新されてて、公式のトップページが!!!
ジュリア様はすごい出張ってるし、ローレン出てるし(結局ネタバレ突っ走りか…)
良太君まで出てるわで、
バチ官クラスタ阿鼻叫喚だったんだな(私もその一人だけど)

10時過ぎくらいに「あれちょっと重いなー」とは思ったんだけど、10時半くらいに全く書き込み出来なくなって、
「え、私興奮しすぎて何か変な設定やった?」とか思ったんだけど、確認してみたら、どうもついったが落ちてるっぽい。

まあ少し落ち着けってことだな、と思ったので大人しく原稿することにする。

2017年5月 8日 (月)

そもそも1巻以前の平賀さんって・・・

本当は、夏用の旅行本の原稿をやらなきゃいけないんだけど、色々もう逃避してしまって、今日は一日ロベ平話打ってた。

いや1巻以前の例のシリーズの続き・・・と思って、浮かんできた話を書いてるんだけど、どうもこう・・・既に私の頭の中がもう先へ進んでしまっているのか、既に途中で脱線を初めている・・・気がしてならない。

これ1巻以前か? いや1巻以前設定だったら平賀さんこんなこと思わないよー・・・。という葛藤。
どうしてもロベルト視点だけじゃなくて、平賀さん視点でも盛り込もうとするんだけど、どうしてもそうするとなんかこう・・・違うってなる。
なんでだろう。

もったいないけど、平賀さん視点で書いたところ、ばっさり削って、全部ロベルト視点にした方がいい?かなーって思い始めてる。
こういうところでもったいない精神を発揮してもね。違うものは違うんだよ。
だって少なくとも1巻の頃って、まだそんなに平賀さん、ロベルトのこと気遣ってないと思うんだ。少なくても意識してはね。
意識していないところで、いろいろ言ったこと、やったことが、あるいはロベルトの心に残って「僕の天使♡」って思ってるのかもしれないど、少なくとも平賀さんは意識してはやってないはずだから、平賀さん視点にすると、そこがおかしい・・・って自分で思うのか。

よし分かった。削ろう。

結局自分で打って自分で納得した。ついったで出来ないことがここでは出来る。葛藤を投げる場所大事だわ。
ここだとそんなに見てる人居ないからね・・・。少なくてもバチ官クラスタさんたちは。

といことで、すいません。納得した。

2017年5月 3日 (水)

コミティア120のお知らせ

とりあえず、お知らせだけでも・・・。

5/6 コミティア120に出ます。

スペース:お-30a「水族」です。
新刊はベネルクス旅行記の準備編
「テロ厳戒真っ只中のベルギーに行くことになった理由」
ということで表紙はこちら↓

A5hyousi_belgium_3

A5・28p・300円です。
こういう内容の本出しますって延々言ってたらそのままタイトルになりました・・・。

残り、既刊の台湾旅行記2冊と、ベルリン旅行記、大昔に行った英国旅行記、あと紅茶本ももちろん持って行きます。

2月はお休みして、その前の冬コミは落ちて、秋のコミティアは例年の11月じゃくて10月だったから、イベント自体、7ヶ月ぶりです。

あと、当日、コミティア中の部活動「旅部」に参加しております。


当日発行の合同記念誌にも1p書かせていただきました。
ルクセンブルクについてです。
新刊がほぼ、ベルギーとオランダにしか触れていないので、
合同誌にはルクセンブルグの事で丁度良い感じ・・・かな。
ルクセンブルクについては、夏に出す予定のベルネクス旅行記の本編でちゃんと書きたいと思っていますが。

旅部のスタンプラリーにももちろん参加させていただいています。
スタンプはハンコ押すの面倒なのでシール作って持って行きます。
本を買って頂いた方・・・とか言うと、うちの本大分地域偏ってるので、
お立ち寄り頂いた方には貼らせていただきますよ。
どうぞお気軽に「シール(スタンプ)ください」と申告してくださいね。
でも買わなくても別にいいので、本をちらっとでも手に取ってみてくださると嬉しいかな。

では、当日楽しみです。よろしくお願いします。

2017年4月26日 (水)

バチ官読み返し

バチ官読み返しも9巻まで進んでるんですが、中々読み返し感想を書くまでいっていない。
とりあえず、気になるところにふせん付けてったら、ふせんだらけでどの本もすごいことになってるんだよ・・・。

それより、イメージだと思う音楽をアップするのが先か。
あれ書きかけで置いてあるんだよな。

合う音楽っていうか、たまたま吉良さんの追悼かねて久々にzabadak引っ張り出して聞いてたら、すごく合うことに気づいた。

そんなこんなで、今更zabadakを結構聞いてる。
7月で一周忌になるんだなあ・・・。
早すぎたよ、吉良さん。

2017年4月22日 (土)

ロベルトが鬱陶しい

思うに、本にして読み応えがある文章と、web上で読みやすい文章って、結構別かもしれない。

私はどうしても一旦書いた文章にどんどん足していくスタイルで、逆に削るっていうことが中々出来ないんだけど、少なくとも、web上に載せる小話てしては、くどいところとか思い切って削った方がいいのかもしれないと思い始めた。

例えば一人の人間がうだうだ悩んでるところなんて、web上だとすごく重いんだわ。本で見るとそうでもないのかもしれないけどさ。

例えばって言ったけど、はっきりきっぱりロベルトなんだけどね、
一旦読み返して、「うわ、鬱陶しい!」と我ながら思った。
ひどいね、私。

でも特に今書いてる話なんて、本にすること前提の話の一部なんだから、本するときに戻せばいいということで、思い切ってばっさり削ってみようか。
ロベルトの鬱陶しいところ・・。

そしてタイトルにまた悩み中。
ずっと英語タイトルばかりだったから、それが恒例っていうのも嫌なのでここらで日本語タイトルにしてみたい。

実のところ第一候補は「雨/の/檻」なんだけど、檻っていうほど束縛してるわけでもないし、そこまで重くない。それに安易にタイトル借りてくるとバレたら管/浩/江ファンに怒られそうだ。バレたら怒られそうなのはそもそも「Close it.」も同じだけど、こっちはまた怒られたら飛さんに直に謝ればいいだけだ・・・。

なので傘関連か天使関連かでつけるかなー・・・というところ。
でもタイトルによってラストが変わる可能性がある。
どうしよう。

2017年4月14日 (金)

チューリップ

そういえば先週実家に帰ったときに、昨秋にオランダから送ってもらったチャーリップが咲いていた。

Img_6935

これは確か、オリエンタル・リリー・タイプという品種だったかと・・・。
確かにこういう形なら、バチ官4巻の百合=チューリップという図式にも納得かも。
ロベルト、ガブリエルはここにいますよ・・・的な?

Img_6940

黄色の他にも紫と赤っぽいピンクがあった。

でもうちより実家の方が気温低いはずなのに、うちのはまだ蕾なんだな。
園芸の実績差か?それとも1Fだから?

2017年4月11日 (火)

平賀さんの声

そういえば、アニメジャパンのバチ官の声優発表の時に、平賀さん役の岡本さんが、「自分の声優デビューは「ゴーストハント」のジョン役だったので・・・と言っていたのを聞いて、
えっ、そうだったんだ、とちょっとびっくり。

岡本さんはご自身もクリスチャンだそうで、神父役が回ってくるのは縁ですね、みたいなこともおっしゃってましたが、

まあそれはそれとして、
もしかしてエクソシストしてるところは聖書朗読してるから、平賀さんがしゃべるのってこんな感じになるかしら、とアニメより一足先にちょっと気分を味わってみようと、ビデオ(時代が・・・)を発掘してきました。

なんだけど、ジョンの台詞が少なくって・・・。
まあ元々あのメンツの中では自己主張少ないタイプだけど、
それにしても・・・。唯一の見せ場のエクソシストしてるシーンも、聖書の言葉唱えてるところも、途中でカットされたり、端折られたり・・・不憫すぎる。まあ私も当時はナルとぼーさんしか見てなかった訳だけど・・・。

でもとりあえず、平賀さんの声こんな感じっていうのは、聖書読んでるシーンでちょっと満喫できた。

2017年4月10日 (月)

とりあえず祝杯

GW合わせの本を無事入稿しました。
旅行記・・・なので、ここで告知はしなくてもいいかな。出るのコミティアだし・・・。(道楽談義の方では告知してます)
気が向いたらこっちでも表紙のアップくらいは・・・。

3月末の会社の決算棚卸しに続いて、4月入ってからも原稿集中期間に入っていたので、しばらくここのページも更新出来ないままでした。

これでようやく放置していた色々できます。
とりあえず、終わったので祝杯。

Img_6964_2

で、これが今飲んでるワインで、ラベルデザインに惹かれたのも購入理由の一つだったんだけど、これが美味しい。

で、見たらイタリアの赤だった・・・。
試飲はしたけど、産地はあんまり気に留めてなかつた気がする。
モンテプルチャーノ・ダブルッツォ。
イタリア中央部、アブルッツォ州産で、ブドウ品種はモンテプルチャーノを使用。
2010年、

Img_6967



で、コレの前に飲んでたのがすごく美味しかったんだ。

Img_6968

↑これ。これがすごく美味しかった。
またあったら買いたい。あるかな・・・。

Img_6969_2

で、これもまたイタリアの赤だった・・・りするんだな。

ヴェネト州ということは北イタリア。
2011年、
ブドウ品種・ネグロアマーロ100%か・・・。

いいんだけど、何かなあ・・・。
こうも続けてイタリアのワインが当たりだと、いうのは何なんだろう。

ロベルトが得意げに「ほら、美味しいだろう?」って言ってる姿が目に浮かんだ。

ちっ、イタリア男め!

«バチ官声優さん発表