支部(ピクシブ)

リンク

  • 道楽談義
    水族・連絡用ブログ 未有の別名義で、紅茶と旅行記をやってます。
  • railwaywaltz
    友人の葉鳥さんの鉄道擬人化萌えブログ。
  • 月灯茶会
    友人、羽鳥さんのサイト。

↓こちらからも送信できます

鉄道擬人化・ご本家様

検索サーチ様


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バチ官資料

個人的趣味の書棚

おうちにある鉄道本リスト

2018年1月 1日 (月)

おことわり

こちらは管理人・未有(みう)がひっそりと地下活動をするための小部屋です。
時々腐ってます。

主成分は鉄道と旅行とバチ官。

主に鉄道のちょっとした小ネタと旅行の記録と、
あと鉄道擬人化の二次創作を一緒にやっているカオスなブログとなっています。

ここ最近はバチ官たわごとも・・・。

●鉄道擬人化については、「紙端国体劇場(青春鉄道)」様の鉄道擬人化作品についての二次創作を取り扱っております。
御本家様の鉄道擬人化のキャラクター及び設定をお借りして遊ばせて戴いております形です。
やおい、BL、同人的表現や、女性向の描写が普通に出てきますので、ご理解いただけない方や苦手な方、若しくはこれの言葉の意味が分からないという方は、「二次創作(小話)」のカテゴリーをうっかりクリックされないようにご注意ください。

●バチ官とは・・・藤/木/稟/先生の「バ/チ/カ/ン/奇/跡/調/査/官」シリーズです。
今のところ、個人的妄想をダダ漏れさせるたわごと的言動記録が主。
二次創作は時間が取れたらいずれ。(とりあえずもうしばらくは身動きが取れぬ・・・ので)。
主成分は、ロベ平。 
これの意味の分らない方、または敬虔なカ/ト/リ/ッ/ク信者の方は、速効バックでお帰りいただくことを切におすすめいたします。

バチ官の二次創作は、現在、pixivにて公開しています。左サイドバーの支部(ピクシブ)、
もしくは、こちら からどうぞ。


初めてお越し頂いた方は、サイドバーのウェブページはじめにお読みくださいからご覧いただいた方がよろしいかと思います。
二次創作についての更に詳しい傾向などは二次創作の傾向と概要をどうぞ。

2017年11月14日 (火)

シン・ゴジ地上波放送

日曜にシン・ゴジラの地上波放送がありましたね。
劇場でも見たし、あとバチ官の先行放送見るために3ヶ月だけwowow契約している間に放送あったのでそっちで見てたし、ちょっと軽く流して見ながら原稿でもしようと思ってたのに、甘かったです。

ついった見ながらやってたので、ついリアタイ盛り上がってしまって、原稿どころではなかった。

やっぱりみんなでリアルタイムで見て、ついったで呟いてってすごく盛り上がる。

さてこんなこんなで録画見返してたら、同居人が
「無人在来線爆弾が加速して走っているように見えるのはおかしいのではないか」と言い出して、もう一回見てみたら、確かに架線は無いように見える。

つまり、架線が無いとすれば、どこから電力を持ってきているのかということですね。

ある地点まで牽引してくるか押してくるかして切り離して走らせてやればレールがある以上、そこそこ惰性で走って行く・・・が、そこから加速していくのはおかしい?ということかな。

ということで私の考えた答え

①急遽、先頭車両をディーゼル車に改造した。

②急遽、第三軌条式に改造した。

さて・・・。

2017年10月24日 (火)

バチ官本の通販、再開しました

スパーク発行のバチ官本、とらさんに追加納品完了しまして、通販再開してます。
まだちょっと買ってなかったけど、興味出てきたから買ってみようかなという心優しい方はぽちっとしていただけると嬉しいです。

「たとえばこんな・・・」の方は当初の予定通りの追加依頼きた数ですが、
「初めての明日の朝・・・」の方は手持ち在庫が元々そんなには無かったので、残ってた在庫全部入れてしまいました。

ええ、その・・・1月オンリーの分を残さずに・・・です。

でもね、今1月のオンリー用に考えている話が、これの続きなんですよね?全く無いのマズくない?
ということで、再版します。。
再版は、出来ればしたくなかった・・・。出来れば・・・。

再版しても、それが吉と出るか凶と出るかわからないんで、赤字覚悟ですわ。

まあ大体いつも赤字だけどさ。

2017年10月16日 (月)

バチ官本の書店委託

今日帰ってきて見たら、「初めての・・・」の方も書店委託完売してました。
もうちょっと保つかと思っていたのですが、早すぎない?
なんかもう、自分の理解の範疇を超えることが起こっている気がしてならないのですが・・・。
在庫はあるので追加納品する・・・つもりですが、

でもこれ追加入れてはけるのかな・・・?
だって初回分は自分としては多くないかなって数入れたつもりだったんだよ。
何故・・・?

アニメ化怖い。

2017年10月15日 (日)

追加納品します

そんなこと言ってるうちに、とらさんから追加納品の依頼がきました。
ので、大人しく追加納品することにします。

1月のオンリー分を残しておけばいいかな。
さすがに再々納品はしたくない。送料嵩むし。

スパーク発行のバチ官本の在庫

ええとですね、まだ納品して一週間しか経ってないんですが、
とらのあなさんにお預けしましたスパーク発行のバチ官本の2冊のうち、
「たとえばこんな前奏曲」の方が、完売いたしました模様です。
お買い求め下さった方、ありがとうございます。

納品一週間で完売っていうのは果たして早いのか普通なのかどうなのか、とらさんに預けるの初めてなのでどうなのか良く判らないんですが・・・。
でも、多分早い・・・よね?
だって私、年内位ではければいいかなあ・・・位に思っていたので。

で、なんでこっちの方の本が先に完売しているかというと、「初めての・・・」の方の比べて納品数抑えたからです。決して「たとえば・・・」の方が売れている訳ではないんです。
だってこっちR18じゃないから、そんなに出ないだろうと思ってたんですよ。だけど一緒にお買い求め頂く方が多かったのか、2冊ともほぼ同じ位の数出てまして、結果、納品数が少なかった本の方が先に無くなってしまった・・・とこういう訳です。

元々1月のオンリー見越して多目に刷ってますので、まだ手元にはあります。ので追加納品するべきか・・・とちよっと迷ってます。
でも追加で入れてもその分だけ売れるかどうかは分からないですしね・・・。
ちと悩み所です。

でも、「初めての・・・」の方もとらさんの在庫、残り数冊なんですよね。こっちも無くなったら本気で考えようかな。

2017年10月11日 (水)

魔法使いの嫁・ED

アニメ「魔法使いの嫁」(以下・まほよめ)のエンディング曲をZABADAKが担当するっていうニュースが飛び込んできたのが、先月だったかな・・・。
しかも編曲を上野洋子さんがやるという話で、もうびっくりして、しばらく信じられなかったね。
で、よくよく情報見てみると、まほよめのスタッフ側から、楽曲を是非ZABADAKの楽曲でというお話があって、小峰公子さんが、残された膨大な吉良さんの曲の中からふさわしいものを選び出して詩をつけた。そして洋子さんがアレンジを担当した・・・ということらしい。

洋子さん側のコメントが分からないのでどういう経緯でアレンジやってくれることになったのかその事情は分からないし、何より、のれん分け後、果たしてどれ位洋子さんと、吉良さんの間に交流があったのか正直分からないので、あまり野暮な推測をするのはやめにして、ただEDの曲を聴くのを楽しみに、まほよめ放送開始を待ってました。

で、10/7の放送開始。
深夜の放送だったし、翌日スパークだったので、潔く録画にしておいて、視聴したのはスパークから帰ってきてからだったのです。
さすがに本編すっ飛ばしてEDだけ先に見るというのは邪道だろう・・・と、普通に最初から通しで見ました。
そしてEDが始まった瞬間、最初の1音が流れた途端に、
「あ、洋子さんのアレンジだ!」って息が止まりそうになった。
そして歌のメロディがもろに吉良さんの音楽そのもので・・・。
まだアニメ1話分見ただけだけど、まほよめの世界観にすごく合っていると思った。
そして、クレジットで

作詞・小峰公子
作曲・吉良友彦
編曲・吉良友彦・上野洋子

の文字を見たとたん、泣きそうになった。いや実際泣いた。
3回くらい聞き返してボロ泣きした。

何だろう・・・。すごく昔の大好きだった頃のZABADAKの音そのものなんだよね。メロディと詩と楽器の使い方。
鈴の音が効果的に使われてるのとか、プログラミングとか、いかにも洋子さんのアレンジって感じで、すごく美しいアレンジ。
でも、私が泣けて仕方がなかたのは、これを洋子さんがアレンジしてくれたことはもちろん嬉しいんだけど、でも逆にそのことで「ああ、もう吉良さんはいないんだな」と実感してしまったからです。吉良さんが生きていれば自身でアレンジやっただろうからね・・・。

そういう意味では、上記の作詞・作曲・編曲のところで3人の名前が並んでいるのもすごく泣けてくるんだ。
この3人の名前がこんな風に並ぶのをもう一度見ることが出来るとは思わなかったから。友人の時もそうだったんだけど、喪失感というのは、訃報に接した時よりももっと後になってから感じることが多い。

吉良さんの一周忌を過ぎたこのタイミングでというのが、余計にそう感じる要因だと思う。

しばらくこの曲をエンドレスが聴き続けると思う。
多分、大好きな曲になります。

でも吉良さん、一言だけ言ってもいいかな。
こんな素敵なメロディの曲があるなら何故もっと早くこういう曲を発表してくれなかったのかな・・・。
残された膨大な楽曲って・・・。まだそんなにあるんかい!
のれん分け以前の音楽とは一線を画したかったのかな・・・。分からなくもないけど、ずっと試行錯誤のしすぎだよ!たまにでいい、こういう楽曲をもっと出して欲しかった。

2017年10月 9日 (月)

スパークありがとうございました

昨日のスパーク無事終わりました。
当スペースまでおいで下さった方、本をお買い上げくださった方、本当にありがとうございました。
差し入れまで色々いただいてしまって、本当に有り難いです。

こんな勢いで売り子したの久しぶりですって位、もうなんかバチ官バブルな感じですよね。ほんとにアニメ化って恐ろしいです。
多分、皆さん今は勢いで買われてると思うので、今回ご購入された私の本を読んで、次に買いたいと思って下さるかどうかは・・・まあその方のお好みだと思いますので、次回もこんなだと思わないようにしたいです。

私は多分、自分の書きたい物を書きたいようにしか書けないと思うので、そうして書いた物を好きだと言ってくださる方がいるというのは本当に有り難いと思います。
でも少しでも共感していただける暖かい物語を書きたい・・・。それは一つの指標でもあります。

私の書いた物語を好きになってくださる方、本当に本当にありがとうございます。



さて、次回は1月のオンリーです。
本当はスパークの次は5月だと思っていたので、スパーク終わったらちよっとゆっくり出来るなあなんて思っていたのが完全に計算狂いました。
でも次は、今回の『初めての・・・』の続きの話を書きたいと思ってます。
じつのところ、はじめての話ってあまり面白くないと思うんですよねー。今回の話に限ったことじゃなくて、どのCPでも。話的に面白いのは2回目以降か、何回か回数重ねてから・・・ということで次回は2回目の話・・・にしたい(希望)
でもそれを平賀さん視点の話にするの結構難しい・・・。

2017年10月 6日 (金)

バチ官本の通販開始しました

ご連絡おそくなりました。

バチ官本の通販ですが、とらのあなさんに扱っていただけることになりましたので通販ご希望の方は、どうぞよろしくお願いします。

書店委託なので若干単価が高くなります。
申し訳ありません。
何か他の本のついでにでも「買ってみるか」という方とぽちっとして頂けると嬉しいです。

「初めての明日の空のあをいろの」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/57/66/040030576662.html

「たとえばこんな前奏曲」
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/57/85/040030578579.html

2017年9月27日 (水)

半期末決算が・・・

今、会社が半期末決算なので、仕事が・・・もうどうしようもなく忙しい。
元々ストレスが胃腸にくることが多いんだけど、今日なんかもう食欲の無さが本当にもう・・・自分でも大丈夫かっていうほど無くてね・・・。

夕飯食べる気にならなくて結局抜いた。こういう時無理矢理食べても気持ち悪くなるだけだから・・・。

29日の棚卸しが終わるまではもうどうしようもなくて、個人的なことは何も出来ない感じ。

こういう時、ついった覗いても愚痴とかマイナス要素なことしか書き込まないから、良くないよなあと思うので、今日はもう落ちたままにしようと思って覗いてない訳さ。

とりあえず今日、バチ官の円盤が届いたから、ささっと駆け足で見るだけは見た。
うん・・・映像修正はあまり無いっぽいね。
ゆっくり鑑賞は週末に。

2017年9月26日 (火)

バチ官本の通販について

バチ官本の通販ですが、とらのあなさんにお預かりいただけることになりました。
まだちょっと準備段階ですので、正式に決まりましたらまたリンクはります。

ちょっと9月いっぱいは仕事が半期末決算で怒濤のように忙しいので、29日以降に一気に色々事務処理片付けることになると思います。

しかし・・・鉄擬の時にあれほど避けまくっていた書店委託を今更依頼することになろうは・・・という感じです。

でも自分がバチ官にハマったときに真っ先にとらさんの通販ページを検索したので、やっぱり本を求めている人には便利なんだよねって思ったのもあります。

しかしいきなり印刷所から書店へ納品は怖いので、一旦自宅配送してものを送ろうとしてるのですが、まだ本の現物が届いていない状態なのでちょっと色々怖くてですね。
小説本の体裁のデータ作ったの久しぶりだったのだから、印刷具合がね、現物見てみないと何とも言えぬという・・・。

2017年9月18日 (月)

10/8 スパークのご案内

10/8のCOMIC CITY SPARK 12に出ますのでご案内です。

東2ホール ヒ-06a
【Mission Underground】

新刊2冊です。

「初めての明日の空のあをいろの」
A5、52P、オフセット、500円 表紙フルカラー
《ロベルト×平賀》 (R-18

「たとえばこんな前奏曲」
A5、28P、オフセット、300円 表紙フルカラー
《ロベルト×平賀》健全ほのぼの

新刊・・・も何も、バチ官初参加なので、新刊しかありません!
だけど2冊あるよ。(私頑張った!)

本の詳細はこちらの【OFF活動(バチ官)】のページにてご紹介してます。

当日、どうぞよろしくお願いします。

2017年9月15日 (金)

スパーク出ます

長らく更新しませんで申し分けありませんでした。
絶賛原稿中でございました。

バチ官でスパーク出ます!ので本が一冊も出ないとなるとずらからねばならぬ・・・と必死で原稿やってました。

久々の小説原稿でデータの作り方ですごく戸惑った。

詳細はまた後で載せますが、とりあえず表紙だけ公開しておきます。

一冊目、R-18指定です。

Asitanosorahyousi


2冊目。年齢制限無し。ほのぼの健全!

A5hyousi_tatoebadathikann2

2017年8月31日 (木)

アクキー集めたよ

我ながら・・・ちょっと自制がなくなっている買い物の仕方をしている自覚はあるのですが、せっかくここまで集めたので、記念写真を撮ってみた。

Img_5855_3


平賀さんとロベルトだけ集合させてみた。
ひな壇みたいだな・・・。

Img_5863_2

一応、言い訳させてもらうと、このうち半分はお嫁にいきます。
私の分は1セットのみだよー。

2017年8月15日 (火)

1本きりついた

とりあえず、スパーク合わせのバチ官本、1本きりがつきました。
細かい直しはまだこれからだけど、とりあえずエンドマークつけられるところまで行った。

35000字行きました・・・こんな長い話書いたの久々だよ。
でもよく見返したら、FY本で一番長いのでも30000字越してるやつはなくて、
もしかして今までで一番長い??

えろページだけでも10ページとか、これも多分今までで一番長い。
思わず過去の話調べたけど、一番長いえろぺーじ、多分ZHで8ページ・・・。

ちなみに、今回の話の、イメージ曲、
新/居/昭/乃/さん「叶えて」「さかさまの虹」「花のかたち」「キミヘムカウヒカリ」「密の夜明け」
梶/浦/由/記/さん「LOVE」
み/と/せ/の/り/こ/さん「蝉時雨」

なんか・・・ほぼ鉄擬で使った曲ばかりだ。
結局書きたいことってほぼ変わってないのね、私。

で、1本というのは、実はもう1冊出そうと思ってるから・・・。
といっても支部に載せた再録に+書き下ろしの短編を1本つけて出そうかな・・・と。
こっちは健全本。

いや初参加でR付き本1冊だけってなんかこう・・・どうよって思ってね。

だがしかし、私昔、2冊同時発行は二度とやらないって誓ったよね。
しかも2回くらい誓ったよね。

のど元過ぎれば熱さを忘れるとはこのことだ。

2017年8月13日 (日)

夏がおわった

夏コミ終了しました。

今回、旅行ジャンルで出ていたので、2日目だったのですが、
すごく涼しくて過ごしやすかった。

旅行ジャンルほぼはじめてで、本を新刊以外はちょっと抑え気味に持って行ったんだけど、割と早い時間に完売してしまった本もあって、もうちょっと持って行けば良かったなあ・・・と後悔しきり。
だって評論で売っててもあまり冊数出ない上に、出てから1年経ってる本だからこれ位でいいかなと思ったんだよ。
コミティアで売ってるときのデータも当てにならないって創作系はやっぱりコミケ出てなんぼなんだよね・・・。

さて、冬コミお休み確定です。よって冬コミの申込書買わなかったし、申込みをしなくていいと思うと、なんか夏コミ後も大分気楽なんですね。いつもは冬コミの申込みを終えるまでが夏コミ!なので・・・。

冬は聖地巡礼旅行でバチカン行ってます!
落選ではなく意図的に申込みをしないというのは長年同人やってて初めてかもしれないです。恐るべしバチ官。

でも今行っとかないときっと行けないから。
でも行ったら行ったでまた旅行記出すんだろうなあ・・・。

あとすごく欲しかった某大手サークル様の無配のバチ官本は女神様のお陰で無事入手できました。ありがとうごさいます。足向けて寝られません。

2017年7月29日 (土)

結果はまだ

無事、お山に行ってきました。
これでひとまず終わりに出来ると思う。

最終的にどうなるかはもう少し結果待ちになるよね。
とりあえず。うん。

どうなっても受け止めよう。

2017年7月26日 (水)

切りきれてない

とはいえ、やはり切りきれていない気がする。
やはり一度お山に行ってこないとダメかな。

そもそも今年正月に行きそびれてそのままだったんだよね。
1年以上行かないのはやっぱり良くないな。

2017年6月 8日 (木)

理解は出来ないが許容する【ちょっと重いです】

英国で続けてテロが起こって、フランスでもまた何かしら・・・。
またぞろ欧州がきな臭くなってきたみたいで心配。
英国は多分欧州の中では一番、監視態勢が強固だったはずだけど最近はどうなのか。情報収集力も優れている(それが良いか悪いかは別問題として)はずなので、その英国でってことはちょーとまずい傾向なんじゃないかなあと思っている。

欧州で監視と警戒が一番強いのは、英国、ドイツ、オランダの順だと聞いたことがある。
それでもまだ銃乱射って事態にならないのは、英国が島国だという強みだよね。銃規制はしっかりあるし、こっそり持ち込もうとしても島国だからそこそこチェックできる。

ただ、これからどうなるかはまだ分からない。

それで考えていたことがある。

ついったにしろ、他のSNSにしろ、知り合い同士をつなぐという特質は理解出来る。
自分と趣味の傾向が同じ人とつながるのは嬉しいし、共感出来る人と会話するのは楽しい。
だけど、意見の合わない人とは会話もしないし、その繋がりまで絶ってしまう・・・というのはどうなのか。

梨木香歩さんの「春になったら苺を摘みに」に書かれていた、英国で下宿していたホストマザーの言葉
「理解は出来ないが許容する」という言葉を思い出した。

反対意見や、自分と違う主張、あまり聞きたくない言葉。
それを「聞かない」ことにするということは簡単だ。
遮断する。排除する。今の世の中、簡単に出来る。
だけど、遮断して自分は「見ない」「聞かない」ことにしても、その「反対意見」そのものが世の中から消えて無くなるわけじゃない。

「許容する」ことが出来ない人が増えていったら、世界はどうなるか・・・。
そもそもSNSを作り出したのは誰だったのか・・・。ふと考える。
今の欧州と中東情勢の未来を考えるととてもつらい。

話が全然レベル違う気がするんだけど、
平賀さんは、多分どんな反対意見も聞く。その意見を取り入れるかどうかはとともかく、聞くだけは聞く。聞かないで排除することはしない。
そして自分と意見が違うからといっておそらくそれだけで遮断はしない。

平賀さんの強さというのは本当のところそこだと思う。
許容することが出来る強さ。

私が平賀さんを好きなのは彼のそういう強さだと思う。

久しぶりに更新したのに、今回とても重いです。すいません。
でも書いておきたかった。
お読みくださった方、ありがとうございました。

2017年6月 4日 (日)

カップリングのツボ

ついったの方で、カップリングのツボについてお話していて気づいたんだけど、
私が好きになるパターンのツボって、
精神的には受の方が大人で、そして攻の方が精神的には受に依存しているというパターンなんだよね。
まさに、FYでありMGでありZH・・・。
そして世間の王道だった千代田×常磐ではなく、
常磐×千代田だった訳なんだ。
ずっと、何故じょーちよだけ世間と逆になる?って思ってたんだけど、そういうことだったんだなってすごく納得した。

MGは具体時にえろまで書かなかったけど、多分、微妙に丸ノ内も大人だからだと思う。むしろ銀座様の方が精神的には丸ノ内に甘えてるよね・・・。だからえろまでは書けなかったのかな。

そして私がうつたか好きなのに、健全路線な1本だけで後一切書けなかった訳も分かった。
宇都宮は結構精神的に高崎に依存してる。そこまではいい。しかししかし・・・、高崎が精神的に子供すぎたんだな。

そういうことだったんだ。すごく・・・納得した。

そして精神的には受の方が大人で、そして攻の方が精神的には受に依存しているというパターンという意味では、ロベ平はまさしてツボ中のツボ。

«りつめいかんの件